背取りのサマーバッグ


「籐で作る小物とバッグ」は
3刊でもういいやーって気になって
今は 籐工芸教室の 作品だけ作っています




背取りという材料で編んだ サマーバッグです

c0360957_10364508.jpg


模様の関係で 好みの大きさピッタリに
することは 出来ないのですが
今回は 小さめのバッグにしました


編み始めは 底を作ります

c0360957_10364590.jpg


板に 縦芯を2本セットにして
10組をしつけ(白い芯)で止め
横芯で上→下→上→下と編んで 2段編みます
それを3回編みます


底ができたところで
いつものサマーバッグと 同じやり方で
バッグの大きさに作っておいた
段ボールの型を縛り付け
それに沿って 側面を編んでいくので 形作りは簡単です


複雑そうに見える模様ですが
側面も底と同じように編んで
格子模様ができます
(途中の画像はありませんが‥)


次に右斜め、左斜めに編み芯を差し入れていきます
ここからは 2本1組を上→下→上→下と
編んでいきますが ちょっと やりにくいです
バッグの本体ができたところ


c0360957_10364654.jpg


ここで型を外します
6角形?の模様ができています


残った端は内側に折り曲げて

c0360957_10364657.jpg


縁は補強して くるくる巻いて始末をします


c0360957_10364362.jpg


縁の始末ができました


c0360957_10364369.jpg


持ち手は 去年のサマーバッグと同じ
本革の型抜き模様が入ったものです
(これ お気に入りです!)


c0360957_10364399.jpg


涼しげですが中に入れたものが見え見え
よく 中にきんちゃく袋が入っている
かごバッグを 見かけますが
使いにくいので きっちりした内張に‥


今回は 外側から袋の裏が見えるので 二重にしています
本体につける時は 糸で縫い付けることができないので
口の部分に木工ボンドをつけて 貼りつけます

c0360957_10364406.jpg


長財布が入る大きさの ファスナー付きポケットをつけました
上から中が見えないように 目隠しの布も‥


c0360957_10364454.jpg


まだ 今月いっぱいは持てそうですね‥



[PR]
by emuzak | 2017-09-10 11:18 | 籐工芸